未来のために!プラスチックごみを削減しよう!

未来のために!プラスチックごみを削減しよう!

プラスチック製容器包装の分別について

プラスチック製容器包装とは、中身を使い切ったり、取り出した時に不要になるカップ類、ボトル類、チューブ類などの「プラスチックの容器や包装」のことです。「プラマーク」が目印です。

プラスチック製容器包装の出し方

収集日

週1回(指定された曜日)
※祝日も収集します。

(収集日は北九州市ホームページ「資源とごみの収集日」をご参照ください)

指定袋『緑色(5枚入り)』

● 大 45リットル 100円(税込)
● 小 25リットル  60円(税込)

指定袋に入れて、収集日の朝、午前8時30分までに、資源化物
ステーション(かん・びん・ペットボトルを出す場所)に出し
てください。

プラスチック製容器包装分別早見表

市民のみなさまからのお問い合わせが多いものや間違った分別方法で出されているものを「プラスチック製容器包装分別早見表」にまとめましたので、分別に困ったときにご確認ください。

プラスチック製容器包装分別早見表(令和2年7月)(PDF形式:430KB)

収集品目

【注意】※印は、キャップがあるとつぶれにくいので、キャップを外して出してください。

カップ・パック類

卵パック、とうふパック、弁当容器、プリンなどの容器

トレイ類

肉・魚などの食品用トレイ、菓子・カレールウなどの仕切りトレイ

袋類

レジ袋、菓子・ラーメンなどの袋

フィルム・ネット類

菓子・カップめんなどの外側フィルム、生鮮食品などのラップ、果物などのネット

チューブ類 ※

マヨネーズ、ケチャップ、ねりわさび、歯みがき粉などのチューブ

プラスチック製のキャップ・フタ

ペットボトル・スプレー缶・びんなどのフタ

食品のボトル ※

食用油・ソース・乳酸菌飲料などの容器

その他のボトル ※

化粧品・目薬などの容器、洗剤・シャンプーなどの容器

緩衝材

家電製品などの梱包に使われている発泡スチロール、エアークッションなど

分け方の例

持ち出しマナー

中身を使い切ってから

中身を使い切り、残りかすが付着していないものは、そのまま出してください。

汚れがあるものはできるだけ洗って

食品などの残りかすがある時は、軽くゆすいでください。

指定袋に入りにくいものは

緩衝材などは、割るか切るなどして指定袋に入れて出してください。

直接、指定袋に入れてください

リサイクルのための選別は手作業で行っています。レジ袋などを内袋として使うと、袋を破って中身を取り出す作業が別に必要となります。

発泡スチロール製食品用トレイは、スーパーなどの回収ボックスも利用できます。

回収ボックスは、お近くのスーパー、市民センターなどにあります。ただし、透明のトレイ・容器、納豆容器、上縁に糊のついたしめじ容器、内側にアルミが貼ってある容器などは回収ボックスを利用できませんので、「プラスチック製容器包装」で出してください。

回収ボックス等設置場所

収集しないもの

材質はプラスチックでも、プラスチック製容器包装ではないもの(商品そのもの、商品の付属品) ※プラスチック製容器包装では出せません。「家庭ごみ」で出してください。

商品そのもの

商品の付属品

下記のものは「緑色のプラスチック製容器包装用の指定袋」では出さないでください!!

必要な処理をしないで処分したり、出してはいけないものを処分に出すことで近年、ごみ収集車や工場の火災が増えております。
出した方も回収する方も非常に危険な状態になります。
下記を参照して正しい分別を心がけましょう!

カセットボンベ・スプレー缶

中身を使いきり、穴をあけずに家庭ごみとして出してください。

ライター

中身を使いきり、家庭ごみとして出してください。

製品から充電式電池が取り外せず、小型電子機器に該当するもの(投入口25cm✕6.5cmに入るもの)は、区役所や市民センターに設置している小型電子機器回収ボックスへ。

小型電子機器のリサイクル(北九州市)

取り外しのできる充電式電池、電動自転車のバッテリーなどの販売店やメーカー等が回収しているものは、販売店等の指示に従ってください。
詳しくは下記リンク先にてご確認ください。

電池のリサイクル(北九州市)

充電式電池
(リチウムイオン電池など)

取り外しのできる充電式電池、電動自転車のバッテリーなどの販売店やメーカー等が回収しているものは、販売店等の指示に従ってください。
詳しくは下記リンク先にてご確認ください。

電池のリサイクル(北九州市)

電子たばこ等の民間事業者の回収がなく、小型電子機器にも該当しないものは、市内の家電量販店やホームセンターに設置している電池類回収ボックスへ。
詳しくは下記リンク先にてご確認ください。

電池のリサイクル(北九州市)

自主回収を行っている企業もあります。是非ご活用ください。

ユニリーバ・ジャパンによる「UMILE(ユーマイル)プログラム」

使用済みユニリーバ製品を洗浄・乾燥して回収ボックスにいれることによって、「UMILE(ユーマイル)」というポイントをためられます。回収ボックスの場所等、詳細はユニリーバのホームページ(https://www2.unilever.co.jp/umile/ecocp.html)をご参照ください。

UMILE(ユーマイル)について

分別・出し方Q&A

Q.マヨネーズなどのチューブやサラダ油のボトルは洗わないといけませんか?
A.食品などの残りかすがあるものは、食器を洗ったあとの残り水などを利用して、軽く洗って出してください。チューブ類やサラダ油など、洗いにくいものは、中身をできるだけきれいに使い切って出してください。
Q.ラベルが貼ってあるものは、はがさないといけませんか?
A.簡単にはがれるものは、取ってください。はがれにくいラベルやシールは、無理にはがさなくてけっこうです。
Q.かさばるものはつぶして出していいですか。

A.つぶして出して構いません。また、はさみで切ったり、割ったりして細かくして出すと袋にたくさん入ります。

Q.レジ袋は「プラスチック製容器包装」ですが、「家庭ごみ」に生ごみを出すときにレジ袋を使ってもいいですか。
A.家庭ごみの指定袋で生ごみなどを出すときに、レジ袋を内袋として使っても構いません。レジ袋のみを出す場合は、レジ袋の中に何も入れずに「プラスチック製容器包装」で出してください。
Q.台風などの強風時も出していいですか。
A.「プラスチック製容器包装」は非常に軽く、台風などの場合、強風により道路上に飛散する恐れがあります。強風時は次の収集日に出してください。ご協力をお願いします。なお、飛散防止用のネットを配布しています。環境局業務課(電話093-582-2180)へご相談ください。

プラスチック製容器包装がリサイクルされるまで

家庭で分別された「プラスチック製容器包装」は、リサイクルされ、身の回りのものに生まれ変わります。

選別・圧縮梱包

指定袋で出された「プラスチック製容器包装」は、北九州市プラスチック資源化センターに搬入され、手選別で不適物(「プラスチック製容器包装」以外のもの)を取り除きます。
選別した「プラスチック製容器包装」は、圧縮梱包した後、リサイクル業者に引き渡しています。

プラスチック資源化センター

再資源化

リサイクル業者に引き渡された「プラスチック製容器包装」は、さまざまなリサイクル技術により再資源化されています。

(1) マテリアルリサイクル

マテリアルリサイクルは、廃プラスチックをプラスチックのまま原料にして新しい製品をつくる方法で、パレット(フォークリフトで荷物を運搬する際に使用する荷台)や擬木、文房具や日用品などに生まれ変わります。

(2) ケミカルリサイクル

ケミカルリサイクルは、廃プラスチックを化学的に分解してリサイクルする方法です。日本製鉄株式会社九州製鉄所では、プラスチック製容器包装を加熱して粒状にしたものと石炭を混合しコークス炉で蒸し焼きにすることで、コークス、コークス炉ガス及び炭化水素油を製造しています。